$LAST_NAME$ $FIRST_NAME$ 様 現在のランク:$MEMBER_STAGE_NAME$ / ご利用可能ポイント:$POINT$pt

お電話でのご注文06-6343-8066

平日9:00〜18:00 土曜9:00〜15:00(日祝休み)
6,300円(税込)以上で送料無料!!
ポイント還元
販売価格の最大5%をポイント還元実施中です。※定期購入商品・お試し商品除く

カテゴリから探す

悩みで探す

  • 社長ブログ
  • お問い合わせフォーム
  • メルマガ登録

HOME > よくあるご質問 > シルク洗顔フォーム

シルク洗顔フォーム

質問一覧

回答一覧

1.このシルク洗顔フォームでメイクを落とせますか?

ウォータープルーフ系のメイク以外は落とせます
ウォータープルーフ系のマスカラ、アイライナー、ファンデーションなどは落とせません。
その場合、必ず、お使いのメイクアップ化粧品のメーカーから販売されているクレンジングで、十分メイクを落としてから、シルク洗顔をしてください。

⇒質問TOP

2.シルク洗顔に界面活性剤を使っていますか?

一般の洗顔フォームの様に、合成界面活性剤は使っていません。
高級植物油をカリウムで石鹸化した液体石鹸ベースの洗顔料です

⇒質問TOP

3.シルク洗顔フォームお試しセットは、何回洗顔できますか?

シルク洗顔お試しは15mL×2本セットで約12回分お試しできます。本製品は100mLで約40回分が目安です。

⇒質問TOP

4.洗顔の泡立て方法を教えてください。

泡立て方のコツは水を使いすぎないことです。

⇒質問TOP

5.シルク洗顔フォームには美白効果がありますか?

洗顔中に含まれているシルク抽出液(シルクオリゴマー)は、シミの主成分となるメラニン色素を還元して薄くする働きが期待できます。また、肌の代謝を高めることで、お肌のターンオーバーを正常化し、頑固なシミを肌の表面に浮上させる作用も期待でき、シミやクスミの少ない透き通った健康的なお肌を取り戻すことが可能です。

⇒質問TOP

6.シルク洗顔はクレンジングのかわりになりますか?

クレンジングとしての役割は不十分です
よく、『合成界面活性剤のかわりにシルク成分を使った洗顔料です』という様な、シルクの界面活性機能を過大表現しているシルク化粧品を目にしますが、実際にはシルクセリシンやシルクフィブロインをいくら高配合しても、メークアップ商品に配合されている、アクリルやシリコンなどの高分子ポリマーを簡単に落とすことはできません。

シルクで落とせるのは、せいぜい植物オイルやアルコールなどの、肌に密着する力が比較的弱い油分などであって、一度乾くと水や汗では簡単に流れないようなウォータープルーフ性(耐水性)のメーク化粧品や、ミネラルオイルやシリコンオイルなど、肌への密着力の比較的強い鉱物油などはなかなか落とせるものではありません。

基本的にクレンジングはメイク落としであることをしっかり認識してください。
それに対して洗顔料はお肌のキメや毛穴に蓄積したメイクの残りカス、脂汚れ、クレンジングに配合されているオイルやエステル、高級アルコールなどの溶剤の残りカスなどを取り去り、お肌をリセット状態にすることが目的です。

⇒質問TOP

7.シルクのクレンジングは商品化しないのですか?

現在、シルク抽出液(シルクオリゴマー)を配合したクレンジングを開発中です。
もうしばらくお待ちください。
コンセプトは『肌を傷めずにメイクを落とす』です。

⇒質問TOP

8.シルク洗顔フォームとシルク石鹸はどう違うのですか?

お肌が敏感肌で、特に乾燥肌の方はシルク洗顔フォームをおすすめしています。
シルク石鹸は他社品に比較して洗い上がりがさっぱりとしていて、保湿力もあり低刺激ですが、より保湿性を求められる方はシルク洗顔フォームをお使いください。

⇒質問TOP